2010年01月24日

カレーに挑戦!

本日はカレーに挑戦しました。
カレー粉は、おお!?

ハウス食品のカレーですね。
P1040054.jpg

「いつの間に、ハウス食品のカレー粉買ってたのよ〜。」

奥様:「ふふふ」

「なかなか、やるなぁ・・・」(笑)

さあ、作りましょう!

最初に軽くにんにくとネギに、
牛肉を軽く炒めます。

その後、野菜を入れて、
水を加えて煮込みます。
P1040056.jpg

野菜はたまねぎ、ジャガイモ、にんじんを
使いました。

こちらがハウス食品のカレー粉です。
どうやら6個入りのようですね。
P1040059.jpg

えーーーい!

奥様がカレー粉を投入しました。

今回作るのは2人分だったので、
4個使用しました。

カレー粉を入れて弱火でじっくり煮込んでいきます。
P1040060.jpg

多分、弱火で煮込むのがポイントですね。
10分ぐらい煮込んで・・・・

良い香りがしてきました。

さあ、出来上がり!!P1040063.jpg

こちらがカレーです。

果たして味は・・・!?





おおおお。
日本のカレーですね。

中国でも、ハウス食品カレー粉さえ使えば、
日本の味を作り出せるようですね。

実は上海に2年いますが、
初めてカレー作りました。
中国に売ってるカレー粉でもこんなに美味しい
味が出せるんなら、また作ってみようかなぁ。

<評価>:★★★★★ (大成功!)
posted by モンリー at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上海人が作るご飯もの

2010年01月10日

我が家のうどんは手打ちうどんが基本です

週末うどんを作りました。

我が家では、うどんは手打ちうどんが基本
なんですよね。

奥様には、うどんは手打ちから作るものだと
教えていますので、(笑)
うどんって作るのが面倒だから食べたくない
って言われています。(笑)

でも、手打ちから作ったうどんは
コシがあって美味しいんですよね。

さあ、以下↓↓に手打ちうどんの
作り方を教えちゃいます。

まず、水200ccに、塩を大さじ1杯ぐらい
入れます。
P1030933.jpg

薄力粉ですね。
今回は、日清のうどんの粉を使いました。
4、5人前作るので500g使います。
P1030934.jpg

先ほどの食塩水を入れます。
P1030935.jpg

ひたすらこねます。
P1030936.jpg

かがみ餅のように固くなったら、
ラップに包みます。
P1030937.jpg

固くならなかった場合は
食塩水を加えてください。

で、
ラップに包んだまま
そのまま1時間ほど寝かせます。

さあ、またこね直します。
我が家では・・・

足で踏みます。(笑)
P1030938.jpg

↑一見汚そうに思えるかもしれませんが
きちんとラップしているので
足が直接うどんに触れることはないです。(笑)

手でこねても良いですが、
足で踏んだ方が力が入るので、
コシのあるうどんになります。

20分ほど踏み踏みしたら
完了です。
P1030939.jpg

実は・・・

今回のうどんは、奥様の両親に食べさせるために
作ったんです!

ということで、
ラップをしたまま
バッグに入れて持って行きます。
P1030941.jpg

で、、、奥様の実家に移動。

ラップを取り外しました。
P1030942.jpg

さあ、これからうどんを
伸ばしていきましょう。

と思ったら・・・

麺棒を家に忘れてしまいました・・・(苦笑)

しまった・・・・
今から取りに帰るわけにも行かないし・・・

仕方ない・・・
P1030945.jpg

ビール瓶をラップで包んで
麺棒代わりにしました。(笑)

薄く平らにしていきます。
P1030944.jpg

だいぶ平らになってきました。
P1030946.jpg

薄く平らになったら切っていきます。
P1030947.jpg

奥様がやりたいというので
切らせました。
かなり細いんですが・・・(笑)
P1030948.jpg

細いと言ったら・・
こんどは太くなりました。
(これじゃあ、きしめんですよ。笑)
P1030949.jpg

だいたい切り終わりました。
P1030950.jpg

鍋にかけます。
P1030951.jpg

事前に用意していたかつお+昆布だしのタレを加えて、
ネギをふりかけて完成です!
P1030968.jpg

こちらが手打ちうどんです。

果たして味は・・・!?





うん! コシがある!
お餅みたいに伸びますね。
中国の刀削麺を食べているような感覚です。

やっぱり手打ちは美味しい!!

<評価>:★★★★★

手打ちを食べたら、市販のうどんでは
物足りなくなってきますね。
本当に美味しかったです。

皆様も是非試してみてね。
posted by モンリー at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上海人が作る麺類

2010年01月05日

上海人が作る味噌鍋

上海はものすごい寒いです。
昨日日本から帰ってきてビックリしました。

今夜は我が家では鍋を作りました。
もちろん、鍋のダシは・・・

「築地産の昆布」、「築地産のかつお荒削り」、
「千葉産のにぼし」から作ります。
P1030906.jpg

グツグツ弱火で15分ほど煮て、
味噌汁、料理酒、しょうゆを加えて
完成です!!
P1030911.jpg

鍋用味噌スープです。
良い感じで出来上がりました。

鍋に入れる食材は・・・
・冷凍魚ボール(前に買ったもの)
・冷凍ウィンナー(前に買ったもの)
・冷凍ホタテ(前に買ったもの)
・キャベツ
・春菊
・しらたき
・しいたけ
・えのきだけ
・豆腐
・ネギ
P1030913.jpg

・油揚げ
・昆布(ダシを取った昆布です)

等を入れました。

油揚げは・・・
油がいっぱい付いているため、

上海奥様は、
こんな感じ↓で切っていました。(笑)
P1030916.jpg

食材を入れて、グツグツ煮込みます。
P1030918.jpg

ということで、完成です!!
P1030921.jpg

この上海の寒さから
体を守るには、こういう暖かい鍋が
一番ですね。

果たして味は・・・





ん!

暖まりますね。

味噌のダシが若干薄味ですが、
食材からダシが出ていて、
良い感じの味に出来上がっています。

<評価>:★★★★☆

冬の上海には暖かい日本の鍋が
美味しく感じますね。
posted by モンリー at 20:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 上海人が作る日本式鍋

究極の味噌汁作り

新婚旅行の時に築地で買った
かつお荒削り節と、昆布で究極の味噌汁作りに
挑戦しました。

まずは、味噌汁のだし作りから。
こちらは千葉県産のにぼしです。
P1030898.jpg

にぼしでじっくり煮込み、
だしを作りました。
P1030899.jpg

次に、空いた鍋で、
昆布+かつおぶし荒削りでまただしを作ります。
P1030900.jpg

使用したかつおぶしはこちら。
荒削り節です。荒削りの方がだしが取れますよね。
P1030902.jpg

こちらのかつおぶしは
あの有名な築地市場産です!
P1030903.jpg

じっくり弱火でぐつぐつ煮て、
最後に味噌を加えて、
出来上がりました!!

こちらが築地産素材で作った
究極の味噌汁です。
P1030905.jpg

味噌汁っぽくない入れ物で
ごめんなさい。
上海人奥様が気を利かせてくれて、
大きなどんぶりを使ってくれた
ようです。

果たして味は・・・








う〜ん。
かつおだしが利いてますね。
(さすが築地産!)

味噌と絡んでて
しっかりしただしが出来ています。

<評価>:★★★★☆

posted by モンリー at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上海人が作る味噌汁